j

充分な睡眠で薄毛を予防

睡眠不足は髪に悪い?

睡眠不足は髪に悪い? 睡眠の質は私たちの健康に大きな影響を及ぼします。
仕事などで眠れない日が続いたせいで体に疲れがたまり
生活に支障を来したという経験は誰にでもあるでしょう。
実は、こうした睡眠による体の好不調と同じような事が
髪の毛にも起こっているのです。

睡眠不足が薄毛を促すわけ

睡眠中は、修復の時間とも言われ昼間に受けた
ダメージを回復させるために免疫細胞が活発に働きます。
また成長ホルモンの分泌を促す副交感神経の活動が
もっとも盛んになるのも睡眠中です。
睡眠が不足すると、このような細胞やホルモンの働きが
大きく阻害される事になります。特に成長ホルモンは
大人になるとどうしても量が減ってきます。
そのうえ、睡眠不足で分泌が妨げられるとその減少に
さらに拍車をかける事になってしまうのです。
そして、こうした細胞やホルモンの機能低下の影響が
最も早く現れるのが髪の毛や頭皮なのです。
そのため、睡眠不足は髪の毛の減少にすぐに
結びついてしまいます。

睡眠不足が薄毛を促すわけ

髪に良い睡眠とは?

それでは、髪に良い睡眠とはどんなものなのでしょう?
髪の毛が最も成長するのは、午後9時〜深夜3時だと
言われています。この時間帯に睡眠をとれれば
もっとも髪の毛に良い睡眠をとることができます。
しかし夜9時に布団に入るというのは現代人にとっては
至難の業といえるでしょう。そのため、せめて12時までに
眠るよう努力すれば、髪の成長を促す事ができるでしょう。
睡眠時間に関しては、7時間が適切だと言われています。
これより長すぎるのも短すぎるのも良く無いようです。
そして、髪の毛と密接にかかわっているのが生活のリズムです。
毎日、同じ時間に寝て同じ時間に起きるという規則正しい
生活を続けることで健康が促され髪にもいい影響を及ぼします。

髪に良い睡眠とは?

お電話でのご相談は052-681-2561

お電話でのご相談は052-681-2561


Copyright(c) AIKEI All rights reserved.

QLOOKアクセス解析